薄毛に悩める人集まれー!

気になる抜け毛を減らしたい!効果的な3つの対策とは

まだ若いのに頭髪の脱毛が気になる、朝起きた時に枕に大量の抜け毛が付着している、シャンプーでごっそり頭髪が抜ける・・・そのような悩みを抱える男性は多くいらっしゃいます。

脱毛を予防し育毛していくために重要な対策(ポイント)が3つありますのでご紹介します。

まず見落としがちですが最も重要なポイントは、ストレスを低減することです。

そしてストレス対策として最も効果的なのは、毎日8時間以上の良質な睡眠を取ることです。

寝不足は精神面だけでなく、体にとっても大きなストレスになります。しっかりと睡眠をとることで、たいていのストレスは解消しますし、髪の毛は寝ている間に最も育つといわれています。

睡眠不足は新しい毛が育つことを阻害してしまうのです。まずはしっかりと睡眠を取るように心がけましょう。

二つ目に大事なポイントは、適切な栄養素を含んだ食事をしっかりと取ることです。

過度な食事制限ダイエットで食事バランスを崩してしまい、抜け毛が始まってしまう方は多いのです。

その後で食事制限をやめても、完全に元に戻るとはかぎりませんので、普段から食事には気を使った生活をしていきましょう。

ではどのような食事をとればよいのでしょうか。

髪の主成分はタンパク質ですので、まずタンパク質は適切な量を摂取することは育毛にとっては非常に重要です。

肉類や乳製品、豆腐や卵といった食品が中心となります。

次にビタミン類も重要で、頭皮を含む皮膚の新陳代謝を活発にし、抜け毛を予防する効果があります。

果物や緑黄色野菜、刺身などの魚類を摂取すると良いでしょう。そしてタンパク質から頭髪として作り出すのに必要な成分として、亜鉛があります。

偏った食生活では不足しがちな栄養素ですので、特に意識的に摂取することが必要といえます。牡蠣やレバーは亜鉛を豊富に含んだ代表的な食品ですが、なかなか定期的に食べるのは難しいかもしれません。

そのような場合は亜鉛サプリで代用するのが良いと考えられます。

最後のポイントは、直接的な効果が期待できる育毛剤の使用についてです。世界中で研究が進められている育毛剤ですが、医学的に効果が認められているのは2つしか実はありません。

「プロペシア」と「ミノキシジル」です。

プロペシアは前立腺肥大の治療薬を開発する過程で副作用として育毛効果が見つかったもので、効果が証明されています。

ミノキシジルも同様で、もとは血管を拡張させる高血圧対策の薬で、脱毛を予防する効果があります。

この二つを正しく使えば、かなりの育毛効果と脱毛予防効果が期待できます。

これら効果を飛躍的に高めるために、前出の「寝不足」と「栄養バランス」にも気を使った生活をしましょう。以上の3つの基本的な対策をしっかりと行えば、どんな方でも数か月で脱毛の改善が見られるはずです。

あきらめずに頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です